ブログ

カテゴリー:Hatsu47の活動 耳より情報

防災の日

暦の上では、秋を迎えようとしておりますが、まだまだ暑い日が続いております。
残暑厳しい毎日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、9月1日は「防災の日」です。
先んじて、8月30日~9月5日までは「防災週間」もはじまります。

詳しくは以前ご紹介させて頂いたこちらをご覧ください。
なお、最新の情報などはそれぞれの機関でご確認下さい。

先日も関東を中心に激しい雷雨となり、落雷による停電が相次いだそうです。
ライフラインにも影響が出ており、私も今一度防災について見直さなければと思いました。

最後になりますが、台風や、大気の不安定な状態が続いておりますので、皆さまもお出掛けの際には充分気を付けてください。
(記述:坂本)

防災の日 へのコメントはまだありません

カテゴリー:耳より情報

~成長期野球肘とは~

朝夕はひときわ冷え込むようになりましたが、皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか。

今回は、成長期野球肘についてです。
まず、成長期野球肘とは何か。
成長期に投げる動作によって生じた肘の障害のことをいいます。
大きく分けて内側部、外側部、後方の痛みがあります。
一番多く訴えるのは内側部の痛みですが、一番気をつけなければいけないのは外側部の痛みです。
それによって診断も治療も大きく変わって来ます。

また、成長期の身体は筋肉や靭帯より骨に損傷を起こしやすい!のも特徴です。
外側部の痛みを訴える中で、最も予後が悪く、
「選手生命を奪うガン」とも言われている、離断性骨軟骨炎(OCD)について紹介します。(※この後からOCDと表記します)


<OCDの特徴>
・9歳~13歳で発生しピークは11歳前後(5年生)
・初期には自覚症状(痛み、関節可動域制限)無し
 →気づかない間に進行する
 →痛みを感じた時にはすでに進行している
・OCDの発生と「投げすぎ」とは関係ない
・外因説or内因説

OCDは、いかに早期に発見できるかがカギになります。

野球肘検診も、このOCDの重症化予防(早期発見・早期治療)を目的としています。
早期に発見するための唯一の方法として「野球肘検診」があります。
全国各地では、小学生の子ども達を対象に野球肘検診が行われております。
特に小学校5・6年生は年に一度の検診を受けるようにしましょう。

私自身も野球で肘を痛めて手術した経験がありましたので、怪我で野球を諦めていく子どもたちを少しでも減らしたいと思いからこの道を志しました。
それなので「野球肘検診」という活動がもっと全国各地に広まって欲しいと切実に願っています。


また、当院ではこのような野球肘に対しても医療機関と連携して適切な治療を進めておりますので、痛みなどがなくても少しでも気になるような事があれば、お気軽にご相談して下さい。

(記述:坂本)

~成長期野球肘とは~ へのコメントはまだありません

カテゴリー:耳より情報

長時間の移動のときには

秋の行楽シーズンに突入で、旅行に出掛ける方も多いのではないでしょうか。

そんな時、移動の際に新幹線・飛行機にはじまり、高速バスや渋滞中の車内などで長時間同じ体制で座り続ける事により、目的地に到着する頃には腰や首が痛くなったり、だるさを感じてしまう場合はないでしょうか。

そんな経験をお持ちの方は、一度試してみて下さい。
        ↓
・なるべく背中、首を背もたれにつけるようにする。
・マスクや首枕をつける。

【窮屈な座席での体勢】
まず、座席に座ったら、少し背もたれを倒して下さい。
(運行の妨げにならないよう、安全な範囲内で御願いします)
次に、背もたれに首の後ろと背中をなるべくつけるようにします。
この時は、腰を少し丸めるようにします。
丸めることで腰への負担を軽減する事が出来ます。
(※腰椎椎間板ヘルニアの症状を訴える方は、逆に腰を反らせた方が軽減出来ます。又、腰部脊柱管狭窄症の場合は、腰を反らせる事で負担を軽減させる事が出来ます。)
疾患によって軽減出来る体勢が違いますので注意が必要です。


【首枕やマスクの使用】
さらに、首枕を使う事で、頭部が支えられ首が左右に傾くのを防ぐ事が出来ます。
また、空調が効いていると、逆に空気は乾燥している為、寝苦しくて姿勢が変わってしまう可能性があるので、マスクをつける事をお勧めします。

ちょっとした工夫を入れてみると、往復の負担もなく、もっと楽しい旅行に出来ると思います。

(記述:坂本)

長時間の移動のときには へのコメントはまだありません

カテゴリー:Hatsu47の活動 耳より情報

9月1日は防災の日

ここ数日は朝晩と涼しい日もあり、日中はまだまだ暑く感じますが皆様はいかがお過ごしでしょうか。

表題にもありますが、9月1日は「防災の日」。
そして、8月30日~9月5日までが「防災週間」です。

毎年、Hatsu47整骨院でも、防災に絡めた講習を受けております。
前回は災害伝言板についてでしたので、皆さまにも知って頂ければと思います。

災害伝言板のしくみは、
大きな災害が発生した時に、電話やインターネット・各キャリアの携帯電話やスマートフォンで、自身の状況を登録する事ができ、登録した安否情報は電話やインターネット・各キャリアの携帯電話やスマートフォンを通じて、全世界から確認できる、災害時専用のサービスです。
方法は、それぞれの電話会社で異なりますので、確かめてみて下さい。

最近は固定電話を契約していない方も多いですが、NTT(東・西共通)は携帯電話番号だけでも使用出来ます。
また、災害用伝言板(web171)の利用方法は英語・中国語(簡体字)・韓国語でも案内されています。
音声とwebを介した通信の2種類が選べるものもあります。

今回の「防災週間」の期間中は、「災害伝言板」を体験利用できるので、ご家族や友人と利用方法を確認していただき、使い方をぜひ知って頂ければと思います。

私自身、この講習会を受けて感じた事は、「災害時のファーストミッションとは何なのか」でした。
・ 家族で集合場所を決める
・ 公衆電話の設置場所、かけ方を知る
・ WiFi環境のある場所を知っておく
・ 災害伝言板の利用方法を知っておく

上記以外にもありますが、普段の生活に浸透させて準備する事が大切だと思いました。
私は講習会を機に、「災害伝言板」の存在を知り、実際に家族で体験利用してみました。

それほど難しいものではありませんでしたが、今この瞬間に災害に遭ったとしたら、きっと「災害伝言板」を利用する事もなかったと思います。
万が一の連絡方法として是非知っておいて下さい。
こんな方法を使わなくてもよい、平穏な日々が続きますことを祈って。

(記述:坂本)

9月1日は防災の日 へのコメントはまだありません

カテゴリー:耳より情報

熱中症対策 其の1

8月に入りますます暑い日が続いております。
ここ数日は雨模様で少し涼しくなっているように感じますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
さて、前回投稿させていただいた、熱中症予防の水分補給について、摂取方法やおすすめの食べ物を紹介させていただきます。

おすすめの食べ物は、スイカです!

スイカは、「夏の果実の王様」と呼ばれているほど栄養価が高いと言われています。
熱中症を防ぐためには水分補給することが第一と言いましたが、スイカは水分が90%以上と非常に豊富。
さらに糖分やカリウム・カルシウム・マグネシウム等のミネラルも含まれているので、微量の食塩を加えるとスポーツドリンクと同じような効果が期待できます。

とくにおすすめしたいのが「朝スイカ」。
水分豊富で食欲が落ちる夏場でも口に入れやすいことに加え、脳が睡眠中に消費したブドウ糖を手軽に補給できるので、朝から頭をしゃっきりさせるのに一役買ってくれます。

ちなみに私は、今日も「朝スイカ」して来ました。

image2 スイカ7

(注)腎臓病などでカリウム制限をされている方は注意が必要な為、内容や量などは主治医に相談するようにしてください。

今後は、水分補給の摂取方法について紹介させていただければと思っております。

(記述:坂本)

熱中症対策 其の1 へのコメントはまだありません


カテゴリー

Hatsu47の活動(33)
整骨院・スタッフの動向を紹介
耳より情報(28)
ちょっと役立つ話
break(9)
スタッフの日常の一コマをお届け
患者さまの声(8)
来院された患者さまのコメントなど

最新の記事

>ゴールデンウィーク休診日のご案内
2019年04月11日(木)
>がんばれ!高校球児!
2019年03月22日(金)
>岩手県釜石市 被災地復興支援野球教室2019 その3 野球×ラグビー座談会
2019年02月12日(火)
>岩手県釜石市 被災地復興支援野球教室2019 その2 ラグビー体験会
2019年02月11日(月)
>岩手県釜石市 被災地復興支援野球教室2019 その1 野球教室
2019年02月10日(日)

月別アーカイブ

ページの先頭へ戻る